• ホーム
  • 公衆浴場で感染?水虫の初期症状と水虫治療法

公衆浴場で感染?水虫の初期症状と水虫治療法

足裏にクリームを塗っている女性

公衆浴場には様々な方が出入りしています。
もし、公衆浴場に水虫に感染している方がいたとすればどうでしょう?
その水虫が移ってしまう事は、あるのでしょうか。

公衆浴場に出かけたからといって、必ずしも水虫になるとは限りません。
ですが、水虫を引き起こす白癬菌というカビは、高温体質を好みます。
色々な方が踏むマットに、白癬菌が増殖しているケースは、ゼロではありません。

もしかしたら、公衆浴場で水虫に感染してしまうかも、しれないのです。
白癬菌に感染した場合の初期症状ですが、多くの方が痒みを感じるようです。

水虫初期には白癬菌が、皮膚のケラチンというタンパク質を溶かし、角質層に入り込もうとしています。
この時、血管や神経が刺激され、痒みを感じやすくなるのです。

また、痒みの後には皮膚がめくれるなどの、皮膚症状が出るケースが多いと言われています。
このような水虫の初期症状を感じたら、水虫治療を受けましょう。

ドラッグストアには市販の水虫治療薬も売られています。
ですが有効成分の濃度が低かったりなどして、確実に水虫を完治させる事は難しいのが現状です。
水虫かなと思ったら、やはり皮膚科で水虫治療を受ける事が大切と言えます。

治療では抗真菌作用のある成分を含んだ、治療薬を処方される場合が大半です。
抗真菌薬には外用薬と内服薬とがあります。
皮膚にだけ白癬菌が感染しているという場合が、外用薬での治療が一般的です。
爪にまで感染が広がっているという場合、外用薬では対処できない為、内服薬で体の中から白癬菌を除菌します。

水虫は他人に移してしまう為、なかなか相談できない病気です。
だからこそ、早めに医師に相談し治療を始める事がお勧めなのです。

サイト内検索
人気記事一覧