• ホーム
  • 水虫治療で足をつけるお湯の温度による効果の違い

水虫治療で足をつけるお湯の温度による効果の違い

きれいな足裏

水虫治療を行う場合、水に足をつける事はありますが、お湯を用いると効果に違いを出す事が出来ます。
水虫は、主に真菌が悪さをする事で症状に結びつきますが、薬だけではなくお湯に浸す事によって、菌の活動を弱める効果が与えられます。
水虫治療におけるお湯の温度の目安としては、お風呂よりも比較的高めで、長くつけていても耐えられる程度が最適です。
熱いお湯が苦手な時は、40度程度から始めても効果は得られますが、より高温の方が水虫治療効果は高まります。
50度は水虫治療に効果的ですが、直ぐに火傷する温度ではなく、水虫菌の働きに違いを与えながらも、安全に治療出来る条件になります。
それ以上の高い温度のお湯は、水虫治療どころか火傷になり易いので、痒くても高温に足を入れない事が大切です。
水虫治療の具体的なやり方としては、治療を始める前に足を清潔に洗い、足が入る容器にお湯を溜めてつけ置く方法が手順になります。
15分程度でも、お湯で水虫菌を弱める水虫治療を行う事によって、後から使用する治療薬の効果は大きく違いが出ます。
水虫治療薬は、使うだけでも使用前後に違いはありますが、角質の深くに潜む菌に対しては効果が弱まります。
その点、予め菌の活動を弱めておけば、これまでとは違い薬の効果を最大限に発揮する事が出来ます。
違いを発揮する為の注意点には、使用する容器や道具は常に清潔に保ち、清潔な手で患部に薬を塗る事等があります。
足をつける容器は、菌がついたり繁殖し易いので、漂白剤等で定期的に殺菌する事が効果的です。
水虫菌は、元々繁殖力が強くどこでも数を増やすので、徹底的に減らす取り組みを行う事が治療効果の違いに繋がります。
お湯に足をつけるアイディアは、効果に違いを生み出す治療方法の一つで、治療期間を短縮する切っ掛けになるやり方です。