• ホーム
  • 水虫治療にフットケアとカーペットの処理

水虫治療にフットケアとカーペットの処理

水虫になってしまうと、家族に感染してしまう可能性があります。
水虫になっている人と生活をともにすると水虫の原因となる菌も家のなかに潜んでおり、バスマットやスリッパ、サンダルのほか畳やカーペットなどについています。
バスマットなどは水虫の人とは別にする、毎日洗濯するなどの対処を行なえますが、畳やカーペットなどの処理としては靴下やスリッパを履くことで予防するほか、こまめに掃除機で吸い取る必要があります。

水虫治療は痛みやかゆみがないため、積極的に行なわない人も多くいますが、バスマットやカーペットなどを介して家庭内で感染させないためにもきちんと水虫治療は行なっていくことが大切です。

水虫治療が面倒だと言う人におすすめなのは、フットケアを行なうことです。
なかでも良いとされるのがティーツリーオイルを使ったフットケアです。

ティーツリーはオーストラリア原産の植物で、さまざまな薬として使われてきた植物になります。
殺菌効果が非常に高く、風邪やインフルエンザ予防などに使われるほか、水虫のように治りにくい症状にも効果を発揮します。
しっかりと塗り続けることによって症状が良くなるだけではなく、消臭効果によって足の臭いもとることができます。

このティーツリーを加えた熱めのお湯で足湯をすることで足の殺菌ができ、臭いを抑えることができるようになります。
この足湯のフットケアのやり方としては、少量のエタノールにティーツリーオイルを10滴ほど混ぜておき、足浴をする直前にお湯に入れるだけでオイルが分離せずにお湯にキレイに溶けます。
就寝前などに一日一回継続して行なうと効果的です。
また、ホホバオイルなどに加えて綿棒で患部に塗ったりするのも有効となります。