• ホーム
  • 水虫治療をしながら自宅で出来る対策とは?

水虫治療をしながら自宅で出来る対策とは?

水虫の足裏

水虫治療には皮膚科で処方してもらう抗真菌薬を使用することで、水虫の原因とされる白癬菌を抑制、殺菌できます。
治療期間は症状などによって個人差がありますが、かなりの期間を必要とし、2~3ヶ月あるいは半年以上もかかるとされています。
水虫の原因である白癬菌は真菌と呼ばれるカビ、酵母の一種で、高温多湿を好む性格から、仕事で長時間靴を履くことが多い人は、水虫が増殖しやすい環境にあるので、完治までに非常に長い時間が必要になってしまいます。
そのため自宅でも水虫治療に効果的な方法を使って、完治するまでの期間を短くする工夫が必要になります。
白癬菌は湿気を好むため、足はなるべく乾燥するような環境に置く必要があるので、自宅ではなるべく靴下などの蒸れる原因となるものは履かずに過ごします。
足が冷え性でどうしても靴下を履きたいといったときは、5本指のものを履き、外出時にも同じように履いていくのがいいでしょう。一度履いた靴下やバスマットなどには白癬菌が付くので、使用後は使わずに洗濯するようにします。
特に家族のいる家庭では、うつしてしまう可能性もあるので、バスマットには注意する必要があります。
お酢などを使った水虫治療がありますが、病院で治療薬を処方してもらっているならば、治療は処方してもらった薬のみに絞り、他の方法は試さないようにします。
民間療法は確実性がないのと、症状を悪化させる可能性があるため、せっかくの薬がムダにならないように気をつけます。足についた白癬菌がこれ以上増殖しないためにも、入浴時はしっかりと足を洗って清潔に保つことも大切です。
乾燥した冬場では白癬菌が大人しくなることで、水虫の症状が治まりますが、確実に存在しているので、しっかりと足を洗うことを忘れないようにしましょう。